プライベートジム東京決定版2018|安い 都度払い 女性専用まで

このサイトでは東京にあるプライベートジムを「安い」「都度払い」「女性専用」などのカテゴリに分け紹介。パーソナルトレーニングでマンツーマンダイエット指導を受けよう。

未分類

プライベートジムは痩せない?

投稿日:

プライベートジムでしっかりトレーニングをしているのに痩せないという人をたまに見かける。そんな人の為にチェックポイントをまとめてみた。参考になれば嬉しい限りだ。

プライベートジムは痩せないのか

断言しておくがそんなことは無い。適切な食事や運動のアプローチを提案してくれるのがプライベートジムだからだ。もちろん健康維持のために通っている人にとっては痩せる痩せないという問題は大したことではないだろうが、ダイエット目的の人にとっては「じゃあなんで私は痩せないの」ということを思うことと思う。

そんな人のために、いくつかチェックしてほしい項目を挙げてみた。当てはまっていないかチェックしてみよう。

なんだかんだ余計なものを食べている

意外と多いのがこれだ。そして食事というのは「絶対的」なものではなくて「相対的」なものであるということを忘れてはいけない。

ある人にとってはご飯は100gが適正かもしれないし、120gが適正かもしれない。

ダイエットということを目的にした場合の「適正」は、朝と夜の体重差で見ることが出来る。

痩せるための食事が出来ていれば(量が適正であれば)、朝よりも夜の方が体重は減少するのだ。100gでも減少していればそれは痩せるための食事をしたということ。それを週の半分以上達成するように量を調整してみよう。

これを意識するだけでも自分に適正な量を見つけることが出来る。

我慢することが多すぎる

これも実は大問題。もちろん生活を変化させるために我慢することは大切だが、何もかも我慢というのは身体に毒だ。

甘いものが止められ無いという人はミネラルが不足している。ということは甘いものをやめようとするのではなくミネラルをしっかり摂取するような食事にしていくことを意識するべきなのだ。

そういったことを考えずに「あれもダメこれもダメ」としてしまっては必ず反動が来る。

「そもそも何でそれを摂取する必要があり、制限する必要があるのか」そもそもの部分をもう一度考えてみよう。

中・長期的な視点を持っているか?

ダイエットというのは短期的な視点では必ずといって良いほど失敗する。中・長期的な視点を持って実行していこう。

体の細胞というのは数ヶ月周期で入れ替わる。ということは身体が変わっていくのはそれくらいの周期ということだ。

気長に出来ないのであれば、気長に出来そうなプランをしっかりと立てよう。じっくり腰を据えて取り組めるという気軽さも大切なポイントだったりする。

プライベートジムでしっかりと痩せるために

ここからはしっかりと結果を出すために意識したいポイントをいくつか紹介したい。

食事の量を常に意識する

先ほど言ったように、食事というのは「相対的」なものだ。絶対的にこれくらいの量を食べたからOK、食べないからNGということは無い。

自分の身体の声にも耳を傾け「お腹いっぱいか?」と自問自答してみよう。

体重の変化を意識する(感情を入れない)

体重の変化を感情を入れずに記録してみよう。特に女性は1日の中でも変動が激しい。それに一喜一憂してしまっては必ず失敗するからここは淡々と自分を客観視しよう。

上手にダイエットが出来ていれば下降している株価の様にジグザグしながら体重は落ちていく。

この記録というのは非常に効果がある。シンプルだけど自分を客観視出来る。気になった人はやってみよう。

プライベートジムは痩せないということはない

以上、プライベートジムで痩せていくためのポイントを紹介してきた。プライベートジムのトレーナーはその経験や知識から最適なアプローチをしてくれる。

それを愚直に実行することできっと身体は変わるはず。しかし、最終的に変わるかどうかは「自分次第」ということを忘れてはいけない。全てはあなた次第。理想の体に向け、一歩一歩踏みしめて行こう。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

立川プライベートジム3選|おすすめは?

昭和記念公園には季節ごとにお花が綺麗に咲きほこり、来園者を楽しませてくれる、立川。ここ立川にもプライベートジムがいくつか存在している。今回はその中からおすすめを3つ紹介したいと思う。 RIZAP(ライ …

麻布プライベートジム10選|おすすめはどこ?

麻布にはプライベートジムがたくさんある。安いものから都度払いのものまで様々だ。 プライベートジムという空間でマンツーマンのダイエット指導を受けたい人には必見のサービス。 昨今ではSNSであったり女性誌 …